文化庁より移管した高松塚古墳・キトラ古墳の微生物分離株に関する文献

1. 原著論文(英文)
1-1. An K-D, Kiyuna T, Kigawa R, Sano C, Miura S, Sugiyama J (2009) The identity of Penicillium sp. 1, a major contaminant of the stone chambers in the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in Japan, is Penicillium paneum. Antonie van Leeuwenhoek 96: 579-592.
1-2. Kigawa R, Sano C, Nishijima M, Tazato N, Kiyuna T, Hayakawa N, Kawanobe W, Udagawa S, Tateishi T, Sugiyama J (2013) Investigation of acetic acid bacteria isolated from the Kitora tumulus in Japan and their involvement in the deterioration of the plaster of the mural paintings. Studies in Conservation 58: 30-40.
1-4. Kiyuna T, An K-D, Kigawa R, Sano C, Miura S, Sugiyama J (2011) Molecular assessment of fungi in “black spots” that deface murals in the Takamatsuzuka and Kitora Tumuli in Japan: Acremonium sect. Gliomastix including Acremonium tumulicola sp. nov. and Acremonium felinum comb. nov. Mycoscience 52: 1-17.
1-5. Kiyuna T, An K-D, Kigawa R, Sano C, Miura S, Sugiyama J (2012) Bristle-like fungal colonizers on the stone walls of the Kitora and Takamatsuzuka Tumuli are identified as Kendrickiella phycomyces. Mycoscience 53: 446-459.
1-6. Kiyuna T, An K-D, Kigawa R, Sano C, Miura S, Sugiyama J (2015) "Black particles", the major colonizers on the ceiling stone of the stone chamber interior of the Kitora Tumulus, Japan, are the bulbilliferous basidiomycete fungus Burgoa anomala. Mycoscience 56: 293-300.
1-11. Handa Y, Tazato N, Nagatsuka Y, Koide T, Kigawa R, Sano C, Sugiyama J (2016) Stenotrophomonas tumulicola sp. nov., a major contaminant of the stone chamber interior in the Takamatsuzuka Tumulus. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 66: 1119-1124.
1-12. Nagatsuka Y, Ninomiya S, Kiyuna T, Kigawa R, Sano C, Sugiyama J (2016) Yamadazyma kitorensis f.a., sp. nov. and Zygoascus gelicola f.a., sp. nov., novel yeasts from the stone chamber interior of the Kitora Tumulus, and five novel combinations in Yamadazyma and Zygoascus for species of Candida. International Journal of Systematic and Evolutionary Microbiology 66: 1692-1704.


2. 保存科学、等の和文/報文・報告等
2-1. 早川典子,中右恵理子,木川りか,沖本明子,川野邊渉 (2008) 絵画表面に用いる修復材料の基礎的研究—壁画修復を中心に—. 文化財保存修復学会誌 53: 1-19.
2-2. 木川りか,早川典子,山本記子,川野邊渉,佐野千絵,青木繁夫 (2005) 遺跡等で使用する樹脂のカビへの抵抗性について. 保存科学 44: 149-156.
2-9. 木川りか,佐野千絵,喜友名朝彦,立里臨,杉山純多 (2010) 高松塚古墳・キトラ古墳石室内の微生物分離株のアルコール系殺菌剤資化性試験. 保存科学 49: 231-238.
2-10. 木川りか,佐野千絵,喜友名朝彦,立里臨,杉山純多,高鳥浩介,久米田裕子,森井順之,早川典子,川野邊渉 (2010) キトラ古墳の微生物調査結果と微生物対策について(2009). 保存科学 49: 253-264.
2-12. 木川りか,佐野千絵,喜友名朝彦,立里臨,杉山純多,早川典子,川野辺渉 (2012) キトラ古墳から分離された細菌や酵母の修復用高分子材料に対する資化性試験. 保存科学 51: 157-166.
2-13. 木川りか,佐野千絵,間渕創,喜友名朝彦,立里臨,西島美由紀,杉山純多 (2009) キトラ古墳の微生物等の状況報告(2008). 保存科学 48: 167-174.
2-15. 木川りか,佐野千絵,高鳥浩介,喜友名朝彦,杉山純多,安部倫子,中右恵理子,坪倉早智子,早川典子,川野邊渉,石崎武志 (2010) 高松塚古墳石室内・取合部および養生等で使用された樹脂等材料のかび抵抗性試験. 保存科学 49: 61-71.
2-16. 木川りか,佐野千絵,立里臨,喜友名朝彦,小出知己,杉山純多 (2007) キトラ古墳のバイオフィルムから分離されたバクテリア・菌類に対するケーソンCG相当品(抗菌剤)の効果. 保存科学 46: 39-50.
2-22. 佐藤嘉則,木川りか,喜友名朝彦,立里臨,西島美由紀,杉山純多 (2013) 非培養法によるキトラ古墳の細菌調査. 保存科学 52: 1-10.
2-25. 佐野千絵,西島美由紀,喜友名朝彦,木川りか,杉山純多 (2010) 高松塚古墳石室内より分離された主要な微生物のギ酸・酢酸生成能. 保存科学 49: 209-219.
2-28. 木川りか, 喜友名朝彦, 立里臨, 佐藤嘉則, 杉山純多(2013)キトラ古墳から分離された微生物の紫外線(UV)耐性試験結果について. 保存科学 52: 91-105.
2-29. 木川りか, 喜友名朝彦, 立里臨, 佐藤嘉則, 佐野千絵, 杉山純多(2015)キトラ古墳の微生物調査報告(2012年〜2013年)および2004年から2013年までの微生物調査結果概要. 保存科学 54: 83-109.


3. 国際シンポジウム議事録 Proceedings
3-1. Sugiyama J, Kiyuna T, An K-D, Nagatsuka Y, Handa Y, Tazato N, Hata-Tomita J, Nishijima M, Koide T, Yaguchi Y, Kigawa R, Sano C, Miura S (2009) Microbiological survey of the stone chambers of Takamatsuzuka and Kitora tumuli, Nara Prefecture, Japan: a milestone in elucidating the cause of biodeterioration of mural paintings. In: Sano C (ed), International Symposium on the Conservation and Restoration of Cultural Property: Study of Environmental Conditions Surrounding Cultural Properties and their Protective Measures. National Institutes for Cultural Heritage, National Research Institute for Cultural Properties, Tokyo, pp. 51-73.


4. 報告書 (公開できる時期になりましたら,掲載します)


5. 文化庁委員会資料
5-1. 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会
5-1-2. 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会 第4回,資料2-1,平成17年6月27日,文化庁(高鳥浩介:高松塚古墳から採取されたカビ・酵母の発育温度試験)
5-1-3. 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会 第4回,資料2-2,平成17年6月27日,文化庁(阿部恵子:高松塚古墳から採取されたカビ・酵母の発育調査)
5-1-4. 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会 第5回,資料3-2,平成18年2月9日,文化庁(杉山純多;平成17年9月の石室の微生物等の状況と調査結果について)
5-1-5. 国宝高松塚古墳壁画恒久保存対策検討会 第5回,資料8-2,平成18年2月9日,文化庁(壁面養生についての微生物学的見地からの意見;阿部恵子:高松塚古墳から採取されたカビと酵母の発育湿度調査)


5-2. 特別史跡キトラ古墳の保存・活用等に関する調査研究委員会
5-2-1. 特別史跡キトラ古墳の保存・活用等に関する調査研究委員会 第8回,資料5-4,平成17年11月14日,文化庁(杉山純多:キトラ古墳石室調査(平成17年9月16日実施)の中間報告)
5-2-2. 特別史跡キトラ古墳の保存・活用等に関する調査研究委員会 第9回,資料6-2,平成18年9月22日,文化庁(ケーソンCG相当品の抗菌性試験(1))
5-2-4. 特別史跡キトラ古墳の保存・活用等に関する調査研究委員会 第9回,資料6-4,平成18年9月22日,文化庁(杉山純多:キトラ古墳石室天井の天文図に発生した“黒色カビ(黒粒)”の同定所見)
5-2-6. 特別史跡キトラ古墳の保存・活用等に関する調査研究委員会 第11回,資料4,平成19年3月23日,文化庁(杉山純多:キトラ古墳石室内微生物調査)


5-3. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会
5-3-2. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会 第7回, 資料3 参考資料1,平成21年3月12日,文化庁(木川りか:高松塚古墳の生物調査の概要と今後の方向性について、杉山純多:高松塚古墳壁画の生物劣化にかかわる微生物試験)
5-3-3. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会 第7回,資料3参考資料2,平成21年3月12日,文化庁(高鳥浩介:高松塚古墳石室内、および取合部で使用された樹脂などのかび抵抗性試験)
5-3-4. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会 第7回,資料3参考資料4,平成21年3月12日,文化庁(杉山純多・佐野千絵・木川りか:低濃度のエタノールおよびイソプロパノール資化性試験結果)
5-3-5. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会 第7回,資料3参考資料5,平成21年3月12日,文化庁(杉山純多・佐野千絵・木川りか:GYC寒天平板での炭酸カルシウム溶解性試験結果)
5-3-6. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会 第10回,資料5-2,平成21年9月1日,文化庁(佐野千絵・木川りか・杉山純多:高松塚古墳より分離された主要な微生物の酢酸生成能調査結果)
5-3-10. 高松塚古墳壁画劣化原因調査検討会 第12回,参考資料1-4,平成21年11月32日,文化庁(杉山純多・木川りか・佐野千絵:高松塚古墳から分離された主要微生物群の出現状況プロット)


6. 参考文献
6-2 (2-6). 木川りか,間渕創,佐野千絵,三浦定俊 (2008) キトラ古墳の微生物等の状況報告(2007). 保存科学 47: 129-134.
6-3 (2-7). 木川りか,佐野千絵,石崎武志,三浦定俊 (2006) 高松塚古墳の微生物対策の経緯と現状. 保存科学 45: 33-58.
6-4 (2-11). 木川りか,佐野千絵,喜友名朝彦,立里臨,杉山純多,早川典子,川野辺渉 (2011) キトラ古墳の微生物調査報告(2010).保存科学 50: 191-195.
6-6 (2-17). 木川りか,杉山純多,高鳥浩介,間渕創,佐野千絵,三浦定俊 (2008) 高松塚古墳発掘・解体作業に伴う生物調査の概要について. 保存科学 47: 121-128.
6-8 (2-19). 木川りか,佐藤嘉則,喜友名朝彦,立里臨,杉山純多,早川典子,川野辺渉 (2012) キトラ古墳の微生物調査報告(2011).保存科学 51: 167-171.
6-16(2-3). 木川りか,間渕創,佐野千絵,三浦定俊 (2005) キトラ古墳の前室および石室における菌類調査報告. 保存科学 44: 165-173)
6-17(2-4). 木川りか,間渕創,佐野千絵,三浦定俊 (2006) キトラ古墳における菌類等生物調査報告(2). 保存科学 45: 93-105.
6-18(2-8) 木川りか,佐野千絵,石崎武志,三浦定俊 (2007) 高松塚古墳における菌類等微 生物調査報告(平成18年度). 保存科学 46: 209-219.